このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2008.03.04 Tue
めったにバラエティに出ない栗山千明嬢がビストロSMAPに出るというので、昨日3月3日のSMAP×SMAPを超楽しみにしていたにもかかわらず、うっかりしていて番組最初の約20分を録画しそこなった&見そこなってしまいました。

素の千明ちゃんをTVで見れるチャンスを逃すとかもうね\(^o^)/自分オワタ\(^o^)/樹海行くしかない\(^o^)/
と思いつつ録画を確認したら、ビストロ後半戦の試食コーナー以降はちゃんと録れていたので、どうにか生きる気力を取り戻すことができました大正ロマ子ですこんばんわ。


*****

当ブログのサイドバー設置のカウンターが33,300台になってましたので、このまま行くとキリ番33,333Hitはもうまもなくということになりそうです。

でもさっき気づいたんですけれど、もうあと一日ほど早ければ、3がふたつ付く日付に33,333Hitを達成って事になったんですよねー。
あー、惜っしいな!!(なにが?)



雛祭り(ヒナ祭り)には数時間遅れですが(汗)せっかくなので、ずいぶん前に何気なく紙に描いたローゼンメイデン雛苺の鉛筆ラフ絵をスキャンしたやつを、ちょこっとだけアップしてみます。
スポンサーサイト
2007.11.16 Fri
新しい高価なオモチャ(タブレットのこと)を買ったから最近それに夢中なの~と話したら
「その割にはアウトプットできてないじゃん。唯一ブログにUPした絵も過去の使いまわしだし。」
だとか言われましたよ。うるさいですよもう。

真紅

SAIでローゼンメイデン真紅さんを描いてみました。
あえてアニメ的でない塗り方を試してみようと思っていろいろぐりぐりやってみました。


パソコンでお絵描きをするにあたって、本屋さんに行くとそれ系のためになる技法書がたくさん売ってますが、今のうちはまだその手の本を買わないでいます。

上手い人の技術をマネするのが上達の早道だってことはわかってるんですけど、タブレットでの描画環境を手に入れたばかりなので、単純にいじくる事が楽しかったりするんですよね。
ツールの使い方もわかりきってなくてなかなか思うように描けず四苦八苦なんだけど、それもまたなんか楽しいというか(時間は思いっきり浪費しますが)。
生まれて初めてクレヨンを手にしたちびっ子のようなスピリットで。って何だそれ。

趣味の域を出ないお絵描きですから、正攻法を覚えるのはひととおり気が済むまでいじくり倒してからでも別に遅くはないかなと。

【タグ】  ローゼンメイデン  イラスト  
2007.11.06 Tue
intuos3


タブレットです。
しかもプロユースモデルの、ワコムのintuos(インテュオス)3というシリーズのやつです。
素人の分際で・・・!!

これですね。(Amazonリンク) →WACOM Intuos3 A5サイズ クリスタルグレー PTZ-630/G0


前々から趣味のお絵描き用に欲しい欲しいと思っていたので、念願叶っての購入です。
決して安い買い物では無いんですが、Photoshop Elements等の簡易的な描画ツール(とはいえ十分高性能だと思う)がバンドルされている事と、ハードウェアとしての性能を考えると、お釣りが出るくらい価値のある製品です。

ただしその真価は、購入したユーザが使いこなせるかどうかにかかっているわけでありまして。


とりあえず、試してみなければ始まらないということで、以前ドラえもんのお誕生日絵という事で描いた、鉛筆描きのドラ&雛苺絵に色をつけてみました。
今回は、フリーの体験版が公開されているSAIというお絵描きソフトを使ってみました。
2007.10.30 Tue
週刊少年ジャンプに「プロジェクトSQ」という『ジャンプSQ(スクエア)』発売記念レポマンガが載ってるんですが、昨日(10/28)発売のNo.48号ではその最終回ということで、藤子不二雄A先生に直撃インタビューする内容になってます。


マンガの冒頭でレポする側が「歴史上の人物に会う感覚」と叫んでます。気持ちはよくわかりますw
そしてA先生、かなりお元気&お茶目&カッコよく描かれてます。
「新連載は20年振りくらいかな」
(今回の連載の手ごたえは)「自分でいうのもなんだけど、かなり面白いです」
との事ですから、これはもう期待も膨らむってものです\(´▽`)/


週ジャンNo.48号のもうひとつの藤子ファン的目玉として、「ONE PIECE」の尾田栄一郎氏がSQ応援用に描かれた藤子Aキャラ勢ぞろいイラストがあります。

怪物くん/狼男/ドラキュラ/フランケン、ハットリくん/獅子丸/ケムマキ/ツバメちゃん、喪黒福造らが一堂に会しているイラストなんですが、おのおののキャラの特徴をとらえつつも、ちゃんと「尾田キャラ」として成立してる絵になってます。すばらしー。

実は、こんなレアな絵滅多に見られない‥と思ったのがNo.48号を買ったひとつのきっかけだったりします。
ってか自分、少年ジャンプを自分のお金出して買ったの自体が初めてかもしれないですw(本当に。)


セブンイレブンで買ったら30PほどのSQ試し読み小冊子が付いてました。
しかもnanaco(ナナコ)で購入すると抽選でボーナスポイントがもらえるらしいです。
(なんかもうまんまと集英社&セブンイレブンの策略にはまってる気もしますが気にしません。)


*****

だいたいそんな感じの(?)『ジャンプSQ(スクエア)』は、とりあえず創刊号(11/2発売)は買おうと思ってます。
藤子A先生の最新作『PARマンの情熱的な日々』と、もうひとつ、
森田まさのり氏×小畑健氏による読切『HELLO BABY』が読みたいので。

昔友達に借りて読んでた「ろくでなしBLUES」好きだったし、小畑氏はあの超絶技巧を週刊ペースでこなす化け物のような(褒め言葉)絵師さんなので、この両者の引き起こす化学反応が見たい、っていう興味が強いです。

あと、ラノベ原作の『紅(kure-nai)』は、ローゼンメイデンの松尾 衡監督&石井久美氏(作画/キャラデザ)のタッグでアニメ化が決まっている作品ということで、これも一応チェック。
(主人公の「紅 真九郎」の中の人は沢城みゆきさんなんですね。・・ん?真?紅?)

2007.09.03 Mon
雛苺からドラえもんにお祝いのチューを。
(クリックで拡大)

ドラえもんおめでとうなの~




どういう取り合わせなんだか‥まぁ管理人の代役ということでひとつお願いします。
本人が出てきてもキモいだけだし。
2007.08.27 Mon
怪物王女の「姫」が、ローゼンの真紅とキャラ被っているような。
ブロンドだしなんかいっつも紅茶飲んでるし。

という事で描きました。(クリックでちょっと拡大)

真紅@怪物王女


「ジュン、お前は学校へ行く必要などないのだわ。
一生この真紅のもとで、下僕として仕えることになるのだから」


‥あれ?ダメじゃんこれじゃ(ローゼンの主題的に)。
2007.08.23 Thu
前記事の、オフ会終了記念のようなそうでもないようなお絵かきしました。

オフ会お疲れさま

(クリックで拡大)

ローゼンの真紅と蒼星石にセイントオクトーバーのお洋服を、っていうよくある感じのネタにしたかったんだけど、書かなきゃわからないっていうね。

小細工無しで白ロリ・赤ロリって言ってもいいんじゃないの?っていうね。
2007.08.14 Tue
8月12日(日)開催の、ワンダーフェスティバル 2007[夏]
行ってきました。

正直行く前は入場料2000円てちょっと高い?と思ってたんですが、刺激が多くて結果的にすごい面白かったんで2000円払った&入場のため炎天下の中小一時間並んだ価値はありましたよ。
でっかいキングギドラにも会えたし!


開場の10時ちょっと前に着いたんですが、ガイドブック買ってから並んで、入場口にたどり着けたのが11時近くってどうよ‥
入場列、お台場方面まで続いちゃうんじゃないの?っていう長さでしたよ‥ぶっ倒れちゃった人‥いたんじゃないかな‥;
あと、やはりガイドブックは事前に買うべきでしたね‥


ワンフェスというと、造型師さんらによる展示だけなのかと思っていたんですが、豪華声優さん&歌手さんらによるステージイベントなんてものもあったんですね。知らなかったんで、これだけでかなり得した気分になれました。

しかも「らっきー☆ちゃんねる」の公開録音なんてやってるし!
まさかフィギュアを見に来た会場で、ナマ「三十路岬」が聞けるなんて思ってもみなかったw


関智一さんが(このブログ的には「スネ夫役でおなじみの‥」と言いたい)、今回は声優としてではなく造型師として、マックスファクトリーの社長らとのトークイベントに登場。多才な方ですね。

関さんは、今まで女の子のフィギュアは「なんか女々しいぜー!と思って」作ったことなかったとかで、今回作るにあたっては「×っ×な本をいっぱい買って研究しました」‥って誰もそんな事聞いてないしw!
「さっきのらき☆すた(のステージ)のほうが盛り上がってたんじゃないか?!ぼくねぇらき☆すたにも出してもらってるんですよ。」とか言って、ちゃーんとアニメ店長ボイスを披露してくれた関さん、サービス精神旺盛でステキ。


ラストステージでの、サイキックラバー遠藤正明さん‥熱いですねぇ!漢っすねぇ!漢字の漢と書いておとこと読む!!!
近江知永さんあらいぐまラスカルの「ロックリバーへ」のアレンジver.を歌われてて、これがとっても良かった!
美郷あきさんは黒地の可愛らしい浴衣でご登場。同日のTBSアニメフェスタ2007の後で駆けつけたりしたのかしらん?
「BLOOD QUEEN(怪物王女OP)」のナマ歌が聴けたのが嬉しかったです。


*****

以下、自分的に特に要注目だった出品物。
主にローゼンメイデンとかローゼンとかメイデンとか。


【タグ】  ローゼンメイデン  蒼星石  
2007.07.30 Mon
一週間以上経った話題になりますが‥;;

7月21・22日に池袋サンシャインシティで開催された「なかよしフェスティバル2007」にて、今秋TVアニメ化するPEACH-PIT先生原作「しゅごキャラ!」の新しい情報が出るとの事で、これは是非いち早く知りたいぞっということで21日(土)に行って参りました。

しゅごキャラ!ステージ

フェスティバルの内容は、
(1)噴水広場で行われる、アニメのプロモーションや先生方のサイン会etc.のステージイベント
(2)展示会場(複製原画等の展示・グッズ販売・お絵かきコーナーetc.)

子供の頃はマンガ雑誌を買ってもらえない身だったのですが、なかよしは小学校~中学の間にお友だちから借りてたびたび読んでました。

展示会場では、まさに自分の読んでいた年代のなかよし本誌を展示で見ることができてちょっと嬉しかったです。
(あさぎり夕「なな色マジック」とか超なつかしい!)
現在連載中の作品群の複製原稿の数々も見ることが出来ましたが、ナマ原稿じゃなかったのが惜しいところ。

・「しゅごキャラ!」アニメオープニングを歌うアーティストは、ハロープロジェクトの新ユニット「Buono!(ボーノ)」との事。

かみちゃまかりんやローゼンの前例から、よもやまたアリ○ロジェクトでは‥と勝手に邪推していましたがそんなことはなかったですね(-∀-;
いやア○プロ好きですけど、「しゅごキャラ!」の世界観に合うとは思えないし。

・PEACH-PIT先生は音声メッセージのみでステージイベントに登場。

「しゅごキャラアニメ化私たちも楽しみにしてます!マンガの方もどんどん面白くしていくので応援してくださいね」
といったような(超うろ覚え)当たり障りのない内容でしたけど、原作者さんの肉声が聞けたというのは結構貴重な機会だったんではないでしょうか。
私は今回以外では、ローゼンメイデンのラジオCDくらいでしか聞いた事がありません。


・会場でのコミックス購入特典、描きおろし絵の王子こと唯世(ただせ)くん。

コミックスおまけ

あむちゃんとかアミュレットハートとかの王道キャラじゃなく、あえてここで王子を持ってくるあたり、なんというかPEACH-PIT先生の愛を感じずにはいられませんです。
王子かわいいよ!かわいいよ王子!


*****

そのコミックス4巻。
しゅごキャラ! 4 (4) (講談社コミックスなかよし)


・新キャラの「りま」ちゃんはお人形のようにズバ抜けて可愛らしいけど、まだまだ本音の部分を出してきていない感じなので、次巻以降でのおいしい活躍を期待。

・空海がナイスガイぶりを発揮。何故か小学校を卒業してからの方が目立ってるという。

・歌唄(うたう)のツンツンデレデレの落差がわかりやすすぎてズキュンときますw
イクトとの関係は、個人的に前からなんとなく予想してとおりでありました。

・ところどころにあむちゃんのサービスカットがさりげなく盛り込まれてるところがさすがです(?)。

「アンスコですよぉ~」のアンスコってなんだろうとしばらく考えて、アンダースコート(スコートの下にはく、見せパンみたいなやつ)の略かとやっと気づきました。
なるほど近頃は表現規制がいろいろアレですから、見えてるのはぱ○つではないですよという意味の配慮なのね。
(小学生と見間違いかねない女の子を「この子は高校生」とあらかじめクギさしておく某アニメのように)

・欄外の、読者からのQ&Aコーナー
4巻は千道万里さんの方が書いてますが、なかよしっ子を優しく導くお姉さんといった感じで毎回好感が持てます。

・なかよし増刊のラブリーに掲載された番外編が収録。
なでしこの超重要な秘密ががが‥!なお話なんだけど、なでしこの美人さんぶりが堪能できる一編かと。



Amazonでキーワード"しゅごキャラ"で検索すると、現時点のうちからすでにいろいろなグッズの販売が決定してるのがわかります。発売はずっと先だけど。

こんな感じに。

さすがは天下のタカラトミーさんね。
ラン・スゥ・ミキのぬいぐるみとか興味あるかもー。

せっかくタカラトミーが玩具の版権を握ったのだから、リカ・ジェニーで培ったノウハウを活かして、あむちゃん達の1/6キャラクタードールを是非リリースしていただきたいところです。

自分は、タカラトミーの1/6ドール製造技術は世界一だと(わりと本気で)思っているので、もし実現した日にはそりゃあクオリティの高い物に仕上がるに違いない!とひそかに期待しておりますよ。

Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。