このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2008.07.15 Tue
2009年 『映画ドラえもん 新・のび太の宇宙開拓史』 公式サイト

来ましたね~~。公式サイトは7月18日正式オープンです。

『のび太の新魔界大冒険』のときと違って、今回は『新』が先に来るんですね?ややこしっ。
略すときはなんて言えばいいんでしょう。『新開拓史』??

記念にロップルくんの妹・クレムちゃんの絵をばひとつ。


「みんなっ、抱きしめてー!!コーヤコーヤ星の、果てまでーっ!!」

クレムちゃんでキラッ☆


「誰だ?あの娘。」

「ご存じ、ないのですか?!
彼女こそ、超宇宙開拓史シンデレラ(意味不明)クレムちゃんです!!」




すいませんネタに走ってしまいました。元ネタを知りたい方は「キラッ☆」でググるといいかもかも。


・・色的にロボ子嬢に見えなくもないなあ・・と気づいたけど気にしたら負けなんでスよ・・・ええ・・
スポンサーサイト
【タグ】  ドラえもん  映画  イラスト  藤子不二雄  
2008.03.09 Sun
土曜の朝に早く起きる、などというメソッドは私の中には無いのです。(←どうでもいい)

でもちゃんと起きて行ってきました。3月8日土曜、8:55からの回の、
「映画ドラえもん のび太と緑の巨人伝」初回上映&舞台挨拶

緑の巨人伝パンフとか


写真真ん中のは、全員がもらえる「トコトコ!キー坊&ドラ」
顔は複数パターンあるようです。
頭の芽を回すと前に進むギミックになってます。
キー坊の足が、ちゃんと歩いてるっぽくジタバタと動くんですよv


緑のぼうしは舞台挨拶用に配られた物で、全員でこれをかぶってのマスコミ撮影もありました。
このぼうし、昨年の「新魔界」の魔法ぼうしもそうだったけど、子供のサイズなので大人には小さいんですよねー。
石ころぼうしみたいに「サイズはこれしかないんだ」と割り切ってかぶるしかないのです。



以下、本編と舞台挨拶について気になったポイントを箇条書きで~

ネタバレというほど核心に触れることは書いてないですが、観に行くのを楽しみにされてる方は一応ご注意ください。


【タグ】  ドラえもん  アニメ  映画  藤子不二雄  
2007.12.05 Wed
なんですか、最近「恋空」ってゆータイトルのケータイ小説(笑)がどういうわけか書籍、映画共に大ヒットしてるとか聞きますが、


F速VIP(・ω・)y-~ 「恋空」があまりにも酷い件について

↑ここに載ってる大まかなあらすじと原文の一部抜粋を読んでみても、これの一体どこら辺にそこまでヒットするほどの魅力があるのかが私にはさっぱりわからんのですが。

それでもまったく原文を読みもしないで批判するのもどうかと思い、先ほど魔法のiらんどに行って数ページ程読んでみたところ、わかったのはブレスケアフィルムもびっくりの薄っぺら文章だという事でした。


あの小説(にすらなってない文章)を読んだり映画を観たりして、心から感動した~!泣けた~!という感想を持たれた方は、いったい何をどうしたらそんなに感動できちゃったりするんですか。
すごい真剣に不思議なのですが。おしえてアルムのもみの木よ。



こういう風に、多くの人が「この作品で感動した」という反応を持つ図式に「???」の嵐になってしまった事が、私は以前にもありました。

チェーンメールを元にした、「ドラえもん最終話」の同人コミックがネット上に出回っていた時です。
(2005年12月26日のエントリ。あ、もう2年近くも経つのね)


【タグ】  ドラえもん  映画  
2007.08.02 Thu
あ"ー!昨日の1日は(東京都では)映画1000円デーだったのになんにも観に行くの忘れてましたよ!んもー!

仕方がないので(?)今シーズンのうちに見ておきたい作品を暫定的にメモります。
こういうリストはすぐに増えたり減ったりするんだけど。記号は観る前の期待度=優先順位。

◎キサラギ (密室劇という点にひかれます)
◎河童のクゥと夏休み (原恵一監督入魂の一作!)
○レミーのおいしいレストラン  
○しゃべれどもしゃべれども
△大日本人

他にもいくつかあるけどキリがないのでとりあえずこのくらい。


よく言われてることですけども、最近のハリウッド映画は過去のヒットタイトルの続編(焼き直しとも言う)が多くてマンネリズム感が否めない。
「おお、こういう切り口を持ってきたか!」と思わせられるような目新しさにおいては、最近の日本映画はハリウッドに勝ってる気がします。
自分がここ2~3年の間に強く興味をひかれた映画も、ほとんどが日本映画です。

数年前まで(「踊る大捜査線」のようなビッグタイトルを除いては)日本映画は元気がない元気がないって言われていたことを考えると隔世の感。
【タグ】  映画  
2007.07.19 Thu
サトエリ主演『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』観ました。

腑抜けども、悲しみの愛を見せろ


当初は「キサラギ」を観たかったけど時間に間に合わなくて、事前情報ほとんど知らなかったけど「なんとなく良さそう」ぐらいの感覚でこれを選んだのですが、当たり!いやーおもしろかった。すごかった。

人間のイヤな部分をこれでもかこれでもか、っと見せつけられて、超・鬱屈とした気分にさせられつつも、トホホすぎる状況の中にどこかに可笑しみもあって、何故だか見終わった後には痛快な気分が残るという。
そんな感じの濃ぃぃ約2時間でした。
人間関係の「ズレ」の描き方も巧みだし、役者陣の演技力も絶品。

「ヌルくてもいいから、安心できるお話じゃないと見たくない」という人は見ないほうがいいです。逆に、強烈なパンチ喰らわせられるような映画に飢えてるぜ!な方は是非どうぞ(´~`)


【タグ】  映画  
2007.03.23 Fri
宮崎駿監督「崖の上のポニョ」の企画に盗作騒動が持ち上がる :にゅーあきばどっとこむ

はてなブックマーク経由で知りました。

私の中で名倉靖博(なくら・やすひろ)さんと言えば、なんといってもキャラクターデザイン兼作画監督を務められた「とんがり帽子のメモル」!!
この方のファンタジックな感性なしには、あのアニメの完成度はありえなかったのではないでしょうか。

メモルの住む「きのこのおうち」のオモチャ持ってましたからね私!サンタさんにもらってw!!

宮崎駿監督新作の「崖の上のポニョ」に関しては、まだ製作が発表されたばかりの段階ですし、名倉氏のほうでも『「金魚姫の銀魚姫なココロ」は今だ映像化、漫画化両面で現在企画進行中』とのことですから、
両作品がどのような作品に仕上がってくるか、どれほどの類似性があるのか、は現段階ではまったく不透明なわけですが‥‥
スタジオジブリ側の見解を待ちたいところです。


いちばん心配なのは、相手がビッグネーム・スタジオジブリである以上、名倉さんの発表する「金魚姫」作品が(たとえ、それがどんなに完成度の高いものだったとしても)あまり話題にならないままひっそりとした形で終わってしまう事が考えられるということです
(ジブリを批判する意思はありません念のため。)
そのような流れが出来る前に、名倉さんご本人がWeb上でご自身の「金魚姫」作品についてはっきりと気持ちを表明されたのは大きな意味のあったことだと思います。

当方では名倉さんの「金魚姫」を陰ながら応援させていただきます。

*****

メモル1

放送当時夢中になって見てた私に父が買ってきてくれた「メモルのちっちゃなおもちゃ箱」というご本。
その正体はアニメージュ文庫です。要するに大人のアニメファン向けの本なわけです。私、当時まだ漢字もろくに読めなかったんですが‥(^_^;


【タグ】  アニメ  映画  名倉靖博  金魚姫  
2007.03.04 Sun
そんなに規模の大きなイベントなわけではないので、サラッと見てきました。

・会場は駅の改札すぐの「みらいチューブ」というスペースで、天井にはプロモ映像が大きく映し出され、壁には映画の名場面パネルがいくつか展示されていました。

前回と同じく、自由に写真の取れるバルーンドラえもん/映画オリジナルグッズを含むグッズ売店があり、さらに今回はそれに加えて「新魔界」にちなんだ体験ミニゲーム(小悪魔のパネルをボールを投げて叩き落すやつとか)が3種類。
ミニゲームをプレイした子にはバッジのプレゼントがあって、バッジはドラ柄・ドラミ柄を含む計3柄ほどあったようです。

ドラタウン3/3・1


・私が行ったときはちょうど「マジック写真スタジオ」というのをやってました。
【タグ】  ドラえもん  アニメ  藤子不二雄  映画  
2007.02.17 Sat
ドラタウン1
あ゛あ゛あ゛あ゛!!何ということでしょう。
今日がドラ映画のイベント@みなとみらい駅だということをすっかり忘れておりました。

しかもこの日は、ちょうど個人的にみなとみらいに用事があった日でですね、もう少し早めの時間帯に来ておけばゆっくり見られたものをですね、もうアホかとバカかと(私が)。


※こちらのエントリを最初にアップした際、なんだか携帯からのアップのし方を間違えてたみたいで、一枚目の画像をバカでっかいサイズのままの状態(しかも横向き&レイアウト崩しまくり)で載せてしまっていたのでしばらく非表示にしていました。お見苦しい事で申し訳ないです…orzorz

【タグ】  ドラえもん  藤子不二雄  映画  アニメ  
2007.02.07 Wed
公開が約1ヶ月後に迫った「映画ドラえもん のび太の新魔界大冒険」の公式サイトでは、「マジカルポイント」という閲覧意欲をかき立てられるおもしろい仕組みを提供してます。

サイト内のコンテンツをたくさん見る事によってマジカルポイントがたまっていき、ポイント数に応じて壁紙等のスペシャルコンテンツがもらえるシステムになってるわけですが、

私のPCで、ある日突然このマジカルポイントがリセットされてしまう事態が起こったのでした。

マジカルポイントの消失

せっかくレベル4の10,000ポイントに向けて、コンテンツを空押ししまくるとかセコい方法で2500ポイントほど貯めてたのに・・・(泣)

で、しばらく様子を見ながら原因を調べてみました。

最初はサイト情報を保存するCookieを削除したのが原因かと思いましたが、ここしばらくCookieを削除するような処理はしていなかった。
じゃあスパイウェアチェックツールを使ったときに「新魔界」サイトのCookieも気づかず削除してしまった?と思って調べましたがこれも違いました。

結果的に、CCleanerというツールでPC内の不要ファイルを削除したときに、ポイントのカウント情報もいっしょに削除してしまっていたらしい、ということがわかりました。


【タグ】  PC  ドラえもん  藤子不二雄  映画  Web  
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。