このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2007.10.30 Tue
週刊少年ジャンプに「プロジェクトSQ」という『ジャンプSQ(スクエア)』発売記念レポマンガが載ってるんですが、昨日(10/28)発売のNo.48号ではその最終回ということで、藤子不二雄A先生に直撃インタビューする内容になってます。


マンガの冒頭でレポする側が「歴史上の人物に会う感覚」と叫んでます。気持ちはよくわかりますw
そしてA先生、かなりお元気&お茶目&カッコよく描かれてます。
「新連載は20年振りくらいかな」
(今回の連載の手ごたえは)「自分でいうのもなんだけど、かなり面白いです」
との事ですから、これはもう期待も膨らむってものです\(´▽`)/


週ジャンNo.48号のもうひとつの藤子ファン的目玉として、「ONE PIECE」の尾田栄一郎氏がSQ応援用に描かれた藤子Aキャラ勢ぞろいイラストがあります。

怪物くん/狼男/ドラキュラ/フランケン、ハットリくん/獅子丸/ケムマキ/ツバメちゃん、喪黒福造らが一堂に会しているイラストなんですが、おのおののキャラの特徴をとらえつつも、ちゃんと「尾田キャラ」として成立してる絵になってます。すばらしー。

実は、こんなレアな絵滅多に見られない‥と思ったのがNo.48号を買ったひとつのきっかけだったりします。
ってか自分、少年ジャンプを自分のお金出して買ったの自体が初めてかもしれないですw(本当に。)


セブンイレブンで買ったら30PほどのSQ試し読み小冊子が付いてました。
しかもnanaco(ナナコ)で購入すると抽選でボーナスポイントがもらえるらしいです。
(なんかもうまんまと集英社&セブンイレブンの策略にはまってる気もしますが気にしません。)


*****

だいたいそんな感じの(?)『ジャンプSQ(スクエア)』は、とりあえず創刊号(11/2発売)は買おうと思ってます。
藤子A先生の最新作『PARマンの情熱的な日々』と、もうひとつ、
森田まさのり氏×小畑健氏による読切『HELLO BABY』が読みたいので。

昔友達に借りて読んでた「ろくでなしBLUES」好きだったし、小畑氏はあの超絶技巧を週刊ペースでこなす化け物のような(褒め言葉)絵師さんなので、この両者の引き起こす化学反応が見たい、っていう興味が強いです。

あと、ラノベ原作の『紅(kure-nai)』は、ローゼンメイデンの松尾 衡監督&石井久美氏(作画/キャラデザ)のタッグでアニメ化が決まっている作品ということで、これも一応チェック。
(主人公の「紅 真九郎」の中の人は沢城みゆきさんなんですね。・・ん?真?紅?)

スポンサーサイト
2007.10.24 Wed
20071024202614
去年のちょうど今頃にもおんなじような現象にあって、その時は本体の中を開けてケーブル類をちょこちょこいじくったら何故か直ったんだよねー、などと思いつつ、あまり悲観しないで中を開けてみましたら。

マザーボードの真ん中辺りのヒートシンクが完全にはがれちゃってるじゃないですか。

ちょwwwどうしたらいいのこれwwwwロマ子涙目wwww
【タグ】 
2007.10.21 Sun
20071021164824
蒼星石「もーっ、マスターなんなのこれ!?」

キティちゃんのおぼうしだよ(*´▽`*)借りて撮らさしてもらったの。

蒼「そんなのわかってるよ!!なんで僕にこんなの着せるのさぁ!」

いいじゃん。かわいいんだから(*´▽`*)
それに今日はドールショウ20だったから、蒼のためのお洋服いっぱい買っちゃったよ。あとで着せ替えに付き合ってね(*´▽`*)

蒼「もうっ…!(///)」
【タグ】  蒼星石  ドール  
2007.10.16 Tue
10月13日(土)池袋テアトルダイヤにて24時より開催された、藤子・F・不二雄原作劇場アニメ作品オールナイト上映会に行ってまいりました。


観客層としては、意外と女性率が高かったかな、という印象。

昨年開催された「エスパー魔美」DVD発売記念イベント
の時は女子率の低さに軽く面食らったんですが、それは新宿歌舞伎町ロフトプラスワンというアングラめな会場だったためで(私も入り口のところで「‥帰ろう!」と本気で考えかけましたから)、それに対し今回のは池袋のシネコンというひらけた会場だったからでは?と読んでいるんですけど、どうなんでしょうね。


座席がかなり前のほうだったので、体を後ろに向けて会場を一望すると、
「ああ、ここにいるひとたちみんなは、全然知らない人たち同士ばかりでも、『チンプイ(をはじめとする藤子Fアニメ)』をすきなのは同じなんだなー」
なんて思えてきて、思わず胸トキメキトキスですよ。

*****

まずは、本郷みつる監督をゲストに迎えたトークショーからスタート。

本郷みつる監督は、サングラスをかけ、ノーネクタイのカジュアルでゆったりとしたお姿で登場されて、「監督」という職業を絵に描いたような風格(ベレー帽被ったマンガ家像みたいな)を感じました。

このトークショーの進行が、魔美イベントの時にも登場していた、フロンティアワークスの制作のお二人だったのですけれど‥

‥ありえないグダグダ進行だったのですよねw

二人で言葉がハモっちゃう部分もあったり、常にお互いが相手の出方をうかがいつつおそるおそる進めていってる感じで、リハーサルはおろか、打ち合わせもあんまりしてなかったっぽく・・よほど急ごしらえだったのかもしれないですけど・・

プレゼント抽選会の場に至っては、監督の方が「さーあ盛り上がってまいりました(笑)!」「ええっ、こんな素晴らしい景品が(笑)!」などと場を盛り立ててる状態。
司会のほうがゲスト様に気を使っていただいてど う す るですか(゚д゚)

あのですね、イベントって有料ですよね。お金とってるってことはそこにビジネスが発生してるわけですよね。
ただ作品が観たいだけだったらレンタルなりで観ればいいし、ファン同士集まりたいんだったらファン同士で決め合って集まればいいことなんです。
トークイベント付き上映会なんてわざわざやるからには、少しでも良い流れのイベントにできるよう準備万端にして臨むのが、観客およびゲストに対する、社会人としての礼儀なんじゃないですかね。表に出てくる仕事かそうじゃないかとかいう以前に。
(↑キツいかなとは思うけど、実際の現場に立ち会った者としては、的の外れた指摘とは思わない。)

その点、昨年の魔美イベント司会のアニメ様こと小黒氏はやはり偉大でした。
原恵一監督のような口数の少ない方から上手にお話を引き出してらしたんですから。


などとまあ文句いいつつ、監督のトーク内容に関しては貴重なお話をあれこれ聞かせていただきました。


なんと監督はF先生から、「チンプイ」の結末を聞いていたのだそう(゚O゚)
で、聞いた事は間違いないんだけど、肝心の内容を覚えていないのは多分あんまりびっくりしなかったからだと思う、とか。

私はこのエピソードを聞いて、なんとなく「パーマン」でスミレちゃんが一回だけ仲間達に顔を見せるお話を思いだしてしまったのでした。
【タグ】  アニメ  藤子不二雄  
2007.10.13 Sat
20071013225920
23時半開場です。
オールナイトに備えて昼寝(just like野比のび太)しておいたから準備万端ですよ~
【タグ】  アニメ  藤子不二雄  
2007.10.13 Sat
先週の連休は、いろんな機会があって名古屋へ一泊小旅行に行ってました。


10月7日(日)

・最初の目的地はNagoya I・Doll(名古屋アイ・ドール) vol.4

プロ・アマチュアディーラー合わせて百数十ブースと、東京の同等のイベントに比べてちんまりと小規模な感じ。
(でも、東京でも初期のドールイベントではこんなだったはず。)

季節柄、ハロウィン風のコーディネートを作りこんでいたブースが多かったです。
あと今回個人的に目新しかったのは、ドール持ち運び用の布製ケース。SD用のとブライス用のものを、2箇所くらいで出してた。
1/6ドールはプラスチックケース等でOKだけど、プーリップのように頭のおおきい子は持ち運び方法に悩むんですね。布製ならば衝撃からも守れて安心だし。
ブライス用のはサイズ的にプーリップにも良さそうだったんだけど、実際にプーリップに対応しているかは確認できなかったので今回は購入は見送り‥。また東京でもああいうの見つけられるといいけど‥。

・大須でお買い物。
大須

大須すげえよ大須。
東京でいうところの、秋葉原・竹下通り・裏原宿・巣鴨の各種成分をミックスしてご飯の上にこんもりと盛られて、さあどうぞ、と差し出されたかのようなカオス風味(意味不明)にお腹いっぱい。
名古屋のひとにはあのカオスさが標準なんですかっ?!

気に入った服が複数あったのでついがっつり買ってしまい、あとで自身の首をサイフの紐でしめる事に。


10月8日(月)

・朝、なにげなくホテルの部屋のTVを点けたら「ぴちぴちピッチ」がやってて、おぉ?!と思う。
しかも2話連続で。本放送けっこう前だったんじゃないですか。つーかちゃんと見たの初めて。
これがアニメ放送事情の地域格差(の一環)てやつなのね。


・愛・地球博記念公園
愛・地球博記念公園1

跡地だからそんなに遊べるものないんでは?とタカをくくってたら、これが意外と(失礼)かなり楽しめました。
それにしても、あんなにだだっぴろい土地が開催当時は人であふれ返っていたとわ。

【タグ】  ドール  
2007.10.12 Fri
20071012170729
画材売り場の、試し描き用の紙なんですけど…

な ん だこのけしからんうまさは

おれに劣等感を味わわせてどうする気だヽ(`Д´)ノ
【タグ】 
2007.10.06 Sat
20071006134536
夏の間にはあまり手が伸びなかったチョコ製品は涼しくなるにつれて無性に食べたくなります。

新製品らしき和テイストのチョコを買ってみました。
フタ裏には五七五七七の恋歌が書かれていて、なかなか雅やかな感じですね。

んではひと口。

・・・・っ!!・・

こ、こいつは…いやなんと言いますか…

あんこって美味しいですよね、うん。チョコも美味しいですよね。
ただまあ、どっちかというと別々に食べたほうが美味しいんじゃないかなー思っちゃったりするわけです。どっちかというと。

いやいや、決して地雷だったなんて思ってないですよ。思ってないですよったら。
【タグ】 
2007.10.04 Thu
ということで10月1日表参道ヒルズにて行われた受賞イベントに行ってまいりました~。

開催が平日の昼間だったので、これも無職の特けn‥ゲフゲフ。
ちなみに当方、ナマ千明ちゃんはこれで3度目になります。
(1度目はティーンズモデル時代、2度目は「エクステ」DVD発売記念イベント)

※(10/20追記)後述にもありますが、受賞イベント行ったと書きつつ実際に拝見したのは後半戦のトークイベントのみです。前半の授賞式に関するレポはありません。すみません。※


デジカメ修理中につき携帯での撮影ゆえ、画像悪くて申し訳ないんですが、会場に飾られていたパネル。

ベストレザーニスト1

ベストレザーニスト2

近くにいた関係者らしき人によると、この2つのパネルで着てる革ジャケットはまったく同じもので、洗いをかけることによって上のが下のような風合いに変化するんだとか!へ~え(驚)!

ベストレザーニスト3

歴代レザーニストのも一緒に飾られてました。

ベストレザーニスト4

サトエリのこれが妙に可愛かったw


【タグ】  栗山千明  
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。