このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2006.09.28 Thu
Rozen Maiden(ローゼンメイデン)の最新第7巻買いました。
(麻○外相、再任おめでとうございます。)


ローゼンメイデン 7 (7)
PEACH-PIT
幻冬舎コミックス (2006/09/26)

表紙は水銀燈のアップ。でかっ。真紅とどっちが主人公かわからn(略

フィギュア付初回限定版は行った書店になかったので実物を見ていないんですが、¥ 2,940というお値段はやっぱりちょっとお高すぎな感が否めないのかしらー・・・

以下、いちおうネタバレ注意。

掲載誌のペラ読みやネットの情報等で知ってはいましたが、ようやくこの巻で出ましたね第7ドールの名が。そして“あの子”が第7ドールの歯牙に・・・(哀)

にしてもこの第7ドール=「雪華綺晶(きらきしょう)」、フワ髪&ロリ顔&エロ可愛衣装と、外見的には薔薇乙女中でいちばん自分好みなタイプかもしれない。
・・・でも中身は鬼畜ですけどね!

水銀燈が黒装束&逆十字という、悪魔を連想させる外見であるのに対し、白を貴重とした無垢で清楚な見た目でありながら、虫ケラをつぶすみたいに次々と残忍な手を仕掛けていく雪華綺晶・・・この子に比べたら、水銀燈の今までしてきた事がかわいいものだとさえ思えるほど。
しかもその行いが残虐であればあるほど、見た目の可憐さがよりいっそう際立って見えてくるという・・・きらきー、恐ろしい子!!


Phase35の扉絵の、真紅の静かで美しい表情が好きです。
あと、52Pの雪華綺晶のキ×ガイめいた美しさも。

金糸雀は、芯の強い面、けなげな面がいっぱい出てきます。この7巻で金糸雀を前よりずっと好きになりました。ごめんね今までただのアホの子だと思ってて。

ジュン君がある出来事をきっかけに自分に自身を取り戻しかける姿には、素直にすがすがしさを感じます。
ジュン君の成長を前向きに見守る真紅に対し、「ジュンはずっと翠星石や真紅に仕えてればいーんです」って、いやーそれはダメでしょ翠星石
この子はちょっと自分本位な面がある分、他の姉妹よりも精神的にお子ちゃまなんだなーと感じてしまいます。


蒼星石、安らかな眠り顔でひとコマだけ登場。姿を見られただけでも嬉しい・・(※大正ロマ子は蒼星石が大のお気に入りです。)
それも、どうしても蒼の子の姿を出す必要があるシーンていうわけでもない所で出ているんですよね。リタイアした子でも一巻にひとコマは登場させてあげようという、PEACH-PIT先生の心遣い(だと思う)に感謝!

続きが気になって仕方がなくなるところで7巻終了・・・蒼の子の復活はいつになることやら・・・・
【タグ】  ローゼンメイデン  マンガ  
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→ http://drstrawberrylove.blog21.fc2.com/tb.php/145-7c971854
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。