このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2008.04.25 Fri
ペンタブレットのシェアの高さで知られるワコム社が、WindowsXP・Vistaの画面上に手描きのできるツール
「てがきInk」の無償配布をはじめたので、軽く触ってみました。

Wacom|てがきInk紹介・ダウンロード

私はワコムIntuos3 (インテュオス3)PTZ-630を使っています。

公式の説明には"ワコム社製のペンタブレットが接続されていないと使用できません。"とありますがそのすぐ後に"(ペンタブレットのドライバのインストールが必要です。)"とあるってことは、これってワコム製のペンタブが必要というより、ワコムのペンタブ用ドライバがあればいいという事なのでは?

ワコム製各ペンタブドライバはサイトからもダウンロードできますから、本体なくてもこれのどれかをPCにインストールすれば「てがきInk」も使えるようになるとかそういう事ではないのかしらん。
どうなんでしょうね。非ワコムユーザで興味のある方試してみてください(投)。

それと、マウスでも描きこみすることはできました。ペンタブレット限定ツールってことではないようです。


ひとまずってことで、自分のPCのデスクトップ画面に頭悪そうな描きこみをしてみました。
(※真紅の元壁紙はPEACH-PIT先生オフィシャルサイト もものたねからダウンロードできます~)

てがきInk01

画面に直接描けるっていうのが単純にたのすぃです。
↑これはウインドウを何も開いていないデスクトップ上に描きこんだもので、この状態からウインドウを開くと、

てがきInk02


↑こうなります。
画面上に一枚透明のフィルタが作られて、その上に描きこまれるようなイメージ?



描きこみをした画像は、あくまで独立した画像ファイルとして保存されます。
ファイル上に描きこみをしたとしても、そのファイル本体内に描きこんだ内容が保持されるわけではありません。
‥これってつまり、
PrintscreenでPC画面をコピー(スクリーンショット)。→画像編集ソフトでそれを開く。→鉛筆ツールなどで画像に描きこみ。→画像を保存。
という原始的?なステップを踏めば同じことができるわけで、別に「てがきInk」がなければ実現できないわけでは無い感じなんですよねー。

ただ「てがきInk」を使えば、画面描きこみをするのにいちいち画像編集ソフトを介する手間からは解放されますから、上の一連の作業の流れをを簡素化させて、描きこみを手軽に行えるようにするツール、と考えるといいのかもしれませんね。


あと、一般的な画像形式(BMP・GIF・JPEG・PNG )以外に、てがきInk独自の保存形式(拡張子.scw)というのが使えて、この形式だと描きこみ内容を再編集できます。

独自形式だと、描きこみ内容が、上の2番目の画像の透明フィルタみたいな状態を保持したまま保存されるようで(説明むずかしいな)、フツウのスクリーンショット画像とはまた違った使い方ができそうです。(私思いつかないけど。


Webページ上にマーキングしてみたりとか。
てがきInk03


これ↓はホワイトボード機能使いました。っつても単なる白地描きこみにしか見えませんね;
タスクバーを除くデスクトップ画面全部が真っ白けになって、そこに大きく描きこみできるようになります。
画像ソフトとの違いは、画面全部が使えることと、ツールの種類が限られてること。
とっさに手書きでメモしたくなったけど、手ごろな用紙がない!なんてときにいいのかも。
てがきInk04


デスクトップにフキダシを落書き→GIF形式で保存→その画像をを壁紙に設定、とやったらなにやら妙な具合になりましたw
てがきInk05

微妙に画像全体ズレてるし、本物のアイコンとフェイクが混じって見分けがつかないし。

【タグ】  PC  
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→ http://drstrawberrylove.blog21.fc2.com/tb.php/280-f401be02
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。