このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2005.10.21 Fri
前回エントリーで書いたとおり、
「のび太の恐竜2006」の製作発表記者会見が19日、都内で行われました。

予測はしてたけど、やっぱり神木隆之介くんはピー助だったのですねー。
少ないセリフでさまざまな感情を演じわけるっていうのは、大人でも難しそうですが、
そこは「ハウルの動く城」や「義経」の子供時代、「妖怪大戦争」エトセトラで
名子役ぶりを見せつけ続けてくれている神木くんのこと、
刮目して待たせていただくとしましょう。

むしろ気になるのは、劇団ひとりが「1人5役に挑戦する」ってこと。

1人5役‥‥5役‥?「のび太の恐竜」ってそんなにゲストキャラ多かったっけ‥?

ひとりの役柄として、考えられるものとしては‥

1.ドルマンスタイン
2.恐竜ハンター(の一員)
3.のび太に穴を掘らせるおっさん 「ゴミをうめる穴が欲しいな」
4.乗りものがわりになるオーニソミマス(オルニトミムス) 「グェッ!」(泣き声)
5.ブロントサウルスの群れの一匹
6.同じく、ブロントサウルスの赤ちゃん 「まあかわいい」byしずか嬢
7.きび太郎印のももだんご 桃太郎印のきび団子を食べるティラノサウルス
8.ランチを食べ損なうプテラノドンの群れの一匹
9.タイムパトロール隊員(の一員)
10.ラスト、ピー助のガールフレンド?になるフタバスズキリュウの女の子(というかメス)
11.その他モロモロの恐竜


・・・う”~ん、今思い出せる限りで(テキトーに)書き出してはみたものの、
さすがに4~8・10・11はありえねぇだろって気もしますが。特に10。
そもそもあの映画は恐竜がメインのお話で、人よりも恐竜のほうが多く出てくるくらい
ですから、こんなところしか思いつけないとです。
ま、もしやということもありますからねw

キーワード「のび太の恐竜+各恐竜名」でいろいろググってみましたら、
現在の学説と、「のび太の恐竜」の内容との矛盾を指摘するテキストサイトなどが
いろいろ出てきてなかなか勉強になりました。
かくいう私も、子供の頃原作を読んで「え、プテラノドンて肉食なの?」て思ってましたが、
恐竜に対する学説が、作品発表当時からはずいぶんと変化してきているんですね。

【タグ】 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→ http://drstrawberrylove.blog21.fc2.com/tb.php/32-c7ec49c7
 本日付の各スポーツ新聞(紙面、あるいはウェブサイト)で、昨日行なわれた「のび太の恐竜2006」製作発表会見の模様が報道されている。  神木隆之介くんがピー助の声を演じるのは大方の予想通りだが、劇団ひとりが1人5役を担当するというのは意表をつかれた。1人5役を
藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記 2005.10.21 Fri 02:42
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。