このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2005.11.20 Sun
11月18日放送のドラえもんアニメ。

今回はちょっとオープニングを録り逃してしまいました。
先週の回でOPにマイナーチェンジがあった旨を書いたので、今回は
「当ブログでは、引き続きOPのマイナーチェンジを追い続けたいと思います」
とかなんとか書こうと思ってたのにぃ!俺のバカ、バカ、バカ!(木村昴くんの声で)


●オールシーズン・バッジ

今年一年もっとアレしたりコレしたりして遊びたかった~とダダをこねるのに
「お尻を軸に床を超高速回転」という新技を見せ付けてくれるのびちゃん。
あんた、スゲエな!ww

スネ夫一家って、親子で似てるのはともかくとして
どうして夫婦でまで顔が似てるんでしょう?
いや、似てるなんてもんじゃないですよあれは。一家3人並んでると、同じ顔が3つ並んでるようにしか見えないすよ。
まあ親族結婚とかだったらわからなくもないけど・・(そういえばいとこのスネ吉兄さんも、血のつながりあるとはいえまったく同じ顔だし)
一家全員顔の系統が同じな「リアルスネ夫一家」を目撃することが、大正ロマ子の一生の夢です。

泳ぐドラのびを見て、自らもパンツ一丁で湖に入り
「すぃーっ、すぃーっ」と数メートルほど泳ぎ進むスネちゃま。あれ?意外といける?と思いきや、木枯らしが吹いたとたん
「うぎゃーーっ!ちべたい!ちべたい!」
気づくの遅っ!w

そしてスネママ
「あのこたち(ドラのび)はスネちゃまのようにデリケートじゃないからざます」
プッ ( ´,_ゝ`)骨川家イズムに満ち溢れたひと言w

しかし最近の世の中って、こういう事を言って我が子をやたらに外で遊ばせない親、多そうな気がするんですよね~なんとなく。
20~30年前(「空き地にドカン」の時代)だったら、スネ夫タイプはクラスの中でも少数派だったのかもしれないですけど、今の平成の世の中では、このタイプがかなりの率を占めるんじゃないかと。
親から大事大事にされて、欲しい物はたいてい買ってもらえて・・っていう。
それを考えるとスネ夫っていかにも「今どきの子供」の象徴的存在なのかもしれませんね。
そんな育て方してたら、将来ヲタクかニートになっちゃうよ?

ドラのびが好き勝手に季節を変えて遊ぶのに巻きこまれ、
「キレイな紅葉だね~、アハハハハ・・(´゚∀゚`;;)」
と空笑いするしか術をもたない一家。ちょっと気の毒ww


●Yロウ作戦

出ましたよ。「子供の頃はわからなかったが、大人になってからやっとその意味を理解できたマンガのストーリー」のアカデミー賞があれば、
まずオスカー受賞間違いなしの(いろんな意味で)問題作「Yロウ作戦」。

もし今回ので「ワイロっていうのは・・」などとわかりやすい説明があっりしたらストーリー的には萎え萎え~ですけど、
説明なしでチビッ子たちは話が理解できたのかなぁ?

「なんだか知らないけど、のび太が『Yロウ』を渡したらママやジャイアンが言いなりになった。ワケのわからん話だ」という風に写ったのでは?

・・というのは、実は管理人はこの「Yロウ作戦」の原作を、わりと大人になってから読んだクチの人間なんでございますよ(爆)

やっぱり今回の放送を見た子たちも、
「子供の頃ドラアニメでこんな話を見たけど・・アレはこういう意味だったのか!」
なぁんて大きくなってから思い返したりするんでしょうか。
そんなことを思うと、なんかちょっと楽しくなっちゃいますね(´▽`)


ドラえもんに褐を入れられて、(めずらしく)本気でやる気になったのび太。
妄想の中で、70年代スポ根ものチックに活躍。
養成ギプスも出して欲しかったw

のび太からYロウを受け取って、盲目的に言いなりになってしまう、ママとジャイアン。
賄r・・じゃなくて、Yロウの効果ってバツグンなんですね!ww

「良集書」の文面が原作どおりなのもナイス。b

ママが「のび太は頭が痛くて、お会いできないそうです」
をこれでもかってくらい棒読み&無表情で言う所は、今回ので一番笑えました。

Yロウの効き目によって、どしゃ降りの中、のび太を連れ出すジャイアンの目は焦点が全く定まってません。怖い!怖いよ!w


番組最後のカレンダープレゼントのコーナーで、本当に久々に
しずかちゃんの声を聞くことができました。
かかずさんの声ってなんだかもう、メロメロになっちゃう可愛さですねぇ~(*´▽`*)ポワァン

*****

ドラアニメと直接関係ないですが、
放送終了後に「テスト・ザ・ネイション 世界初! 適職が分かる新IQテスト」の番組CMがあって、
どうやら水田わさびさんもこの番組に登場される模様。
おお?!わさびさんの人となりをバラエティで見られる貴重な機会!これは見ねば
・・テレ朝の術中にはまってる?!
【タグ】 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→ http://drstrawberrylove.blog21.fc2.com/tb.php/51-444810b1
 11月18日、『わさドラ』28回めの放送 ●「オールシーズン・バッジ」 初出:「小学六年生」1977年10月号 単行本:「てんとう虫コミックス」16巻などに収録 【原作】今年もあと2ヵ月となり、のび太は、夏に海へ行った回数が少なかったことや、春に花見へ、冬にスキー
藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記 2005.11.20 Sun 02:05
先週のわさドラ感想は放送を見た上で華麗にスルーしましたが、今週はなんとか書きます。「オールシーズン・バッジ」脚本:与口奈津江 絵コンテ・演出:宮本幸裕 作画監督:西本真弓サブタイトルに“・”が付いたので、原作とちょっと変わるのかと深読みしたり...
パンポロリン! 2005.11.20 Sun 11:01
「オールシーズン・バッジ」(脚本/与口奈津江、絵コンテ・演出/宮本幸裕、作画監督/西本真弓) ドラえもんとのび太に振り回される骨川一家が印象的なエピソード。今回は、スネ夫&パパ・ママの反応がオチにも使われた事で、日常と非日常の間で翻弄される様が原作以上に強
はなバルーンblog 2005.11.20 Sun 12:17
こんにちは。ちくでんスーツほどではないにしろ、帯電・放電しがちな日々を過ごしております。早速今回のわさドラレビューを始めましょう。今回は長いよ!「オールシーズンバッジ」・「今年の夏は今年しかこない」 確かに事実。これは勉強をさぼりがちな受験生に是非ガツン
TheSkyBeans 2005.11.20 Sun 13:36
 時間的には相撲が先だが、観たのはこちらが先なので、『ドラえもん』から。 と言うわけで、新『ドラえもん』第28回。・「オールシーズンバッジ」 遊びに行くことばかりののび太にあきれるドラえもん。 お弁当を頼むと、ママは快く作ってくれる。いつもは遊びに行っちゃ
銀河後悔日誌 2005.11.20 Sun 15:25
☆「オールシーズン・バッジ」(16巻) 評価○ 11月にも関わらず、春、夏、冬の季節を楽しもうと言うこれまたドラえもんならではの話です。 アニメではスネ夫の自慢話が追加され、中山湖にスネ夫の別荘があるという設定になっていました。ドラえもんのキャラ関係をうまく
ドラえもんで、行っとけ! 2005.11.20 Sun 19:28
『オールシーズン・バッジ』(てんコミ16巻)「わー、紅葉がキレイだなー!」・・・あんまりキレイじゃなかったような。「山が火に包まれたみたい。」いや、絶対褒めすぎ。スネ夫を相手にもせず楽しく泳ぐのび太とドラえもん。すまし顔で試しに11月の湖に入っていくスネ夫が
LIL's commonplace days 2005.11.20 Sun 21:35
「オールシーズン・バッジ」(単行本第16巻収録)脚本:与口奈津江 絵コンテ・演出:宮本幸裕 作画監督:西本真弓<あらすじ> 週末、湖畔の別荘にとまりに行くというスネ夫にじまんされたのび太は、自分もあそびに行きたいとくやしがる。 そんなのび太をかわいそうに..
ごったニメーションblog 2005.11.22 Tue 23:45
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。