このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2005.12.22 Thu
うちでは最近、検索キーワード「のび太。をプロデュース」経由で
来て下さる方がすーごく多いんです。いやマジで。
みなさん意外とベタな事考えてるんですねえ。

これ幸いとばかりに、さらなるアクセスアップを狙って話を引き伸ばしてみようっと。ふふ。

このキーワード「のび太。をプロデュース」のパクr・・インスパイア元となった
ドラマの主題歌、たいへんヒットしてるようですね。

私は、これっててっきり10代・20代の若い世代の支持によるものだと思ってたんですが
実は30代・40代の世代からも「懐かしい感じがする」といって強く支持されていて
それが爆発的ヒットにつながった
んだそうです。へぇ~。


「地~元じゃ負っけっしっらっずぅ~♪」

「地元じゃ」っていう、この青臭さ加減がいいんですよねきっと。
これが「センター街じゃ負けしらず」だったら単なるDQNですもんね。


・・それにしても、この歌の歌詞を改めて見てみると、
どうもドラえもん世界的なものを感じるのは気のせいなんでしょうか。
これは私がドラえもんのことばっかり考えすぎだからなんでしょうか。


試しにちょっと歌詞の一部を引用していきたいと思います。


情けないぜ助けてくれ 
例の奴らに追われてるんだ
もうだめかもしれない ミ・アミーゴ



このセリフの主はどう考えてものび太ですよね。
そして、野球の試合でヘマをしただとか、
スネ吉兄さんに作ってもらったプラモを壊しただとか、
とにかく何らかの理由で「例の奴ら」に追われていると。
情けないぜ、のび太。助けてくれ、ドラえもん。
のび太の鈍足ではすぐに例の奴らに捕まってしまいます。もうだめです。ミ・アミーゴ!


俺たちはいつでも二人で一つだった
地元じゃ負けしらず そうだろ


「修二と彰」→「武とスネ夫」
まああの二人の場合どっちかっていうと、「二人で一つ」っていうよりは
「一人プラス腰ぎんちゃく」って言ったほうがふさわしいかも。

確かにジャイアンはあの町の子供社会の中では一番強そうですが、
さらに付け加えると、歌唱力の面では地元どころか日本全国的に負けしらずですよね、ある意味。
そしてスネ夫は経済力ではこの町で右に出るもの無し。
二人合わせて練馬区月見台すすきが原じゃ負けしらず。そうだろ?スネ夫!

たどり着いた暗い路地裏
しゃがみこんだあいつがいた
間に合わなかった ごめんな



これは、のび太が猛犬に追っかけられたかなんかで
ドラえもんがたどり着いた時には、すでにのび太は暗い路地裏でズタボロになっていた。
のび太くん、助けてあげられなくってごめんよ~、みたいなシチュエーションですかね。

もしくは、のび太がとなり町の悪ガキだかにボコられて、
ジャイ&スネが助けに駆けつけたときは手遅れだった。
のび太、俺たちを許してくれ~、みたいな・・あ、ちょっと泣けるかも。

俺達はあの頃
たどり着いたこの町 全てが手に入る気がした 



「この町」って夢の町・ノビタランドのことでしょうか。
せっかく子供たちだけのユートピアが手に入った気がしたのに、
たどり着いたこの町は、玉子ママの手によって無残に破壊されてしまいましたとさ。あーあ。

思い出した景色は旅立つ日の        
綺麗な空 抱き締めて

 

「抱き締めて」→「ハグしちゃお♪」




以上、妄想垂れ流しまくってみました。

どうみてもキ×ガイの文章です。
本当にありがとうございました。

【タグ】 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→ http://drstrawberrylove.blog21.fc2.com/tb.php/73-3d599fe8
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。