このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2006.01.22 Sun
1月20日放送のドラえもんアニメ。

●謎のはだかおとこ このかぜうつします

パパの風邪を治すため、「かぜうつし機」でパパの風邪を請け負ったのび太。

一度はスネ夫にうつすも、映画に行けなくさせた事に良心の呵責を感じて結局元通り。
「スネ夫が映画に行けるのは、僕のおかげだからな!」ってそれは違いますww

しかも、憎らしがっていた出木杉くんも風邪を引いていたわかると、なんと彼の風邪まで請け負ってしまう。

ようやくジャイアンに会えて、嬉しさのあまり?小躍りするドラえもんカワユス。
でも彼が風邪引きののび太に思わぬ優しさを見せるので、やっぱりうつすことは出来ず・・。

結局、元来のその優しい性格から、悪いことをしようしようと思ってもできないのび太。
そんな時ののび太を見ていると、なんだか母親のような気持ちになって、彼をむぎゅー、としたくなってしまう。

パンツ1丁で木の陰から好きな女性を覗く、体の丈夫なおニイさん。
えっと、あの、私が相手のナースさんだったら、間違いなくストーカー被害届出すんですけど(-∀-;
のび太の風邪をもらってようやく病院に行けるようになって、恋が成就するといい・・ですね・・無理な気がするけど。

このおニイさんのセリフ、原作では「かんごふさんなんだ」となってましたがもしかしたらそれも過去の話で、最近の版では「かんごし(看護師)さんなんだ」となってるんでしょうかね?


●映画速報

ピー助役の神木隆之介くんと、黒マスクの男役の船越英一郎さんが登場。神木くんかわいいよ神木くん。
で、ピー助声の実演。「ピ、ピ。」って、えーそれだけですかあ?!
自分の思っていたピー助声に近くなっていたことだけはわかったんですけど、出し惜しみしすぎ~。


●ドラえもんもお風呂!? 温泉旅行

立体映像で温泉旅館を自宅内に映し出し、温泉旅館気分を満喫する野比一家。
アニメでこれをやられると、マンガで見たときよりも、目で見る空間と実際の空間が違うことのフシギさ加減が視覚的にわかりやすくて、可笑しかったです。
特に階段の映像の中を歩くシーンなんて、騙し絵のよう。
ドアを開けたらトイレで「まちがい・・」もやってくれたし。

天丼の配達のお兄ちゃんが、原作と同じような70年代風ロン毛の若者だったのもナイス。

大宴会場で大勢の団体客を写すシーン。
よーく見ると、小池さんやフニャコフニャオ先生、幼馴染のノンちゃんや星野スミレちゃん、その他モロモロの脇役キャラがオープニング並みに登場していて、
ハルカ星人ハルバルまでもが普通に浴衣着て座ってるのにはワロタ。

宿泊代を請求するドラちゃんの格好が、普通の女性従業員風から女将スタイルに変更。
ていうか女将コスプレのドラちゃん、小梅太夫の仲間かなんかにしか見えませんが・・w扇子も持ってるし。
パパ「ねぇ~キミ映画じゃないの~?」
原作でもそうなんですが、誰がどう見てもドラちゃんが女装してるのは明らかなのに、おいおい気づけよと(^∀^;

請求されたのは500円でしたが、親孝行したドラのびへのお駄賃としてアレくらいならあげてもいいんじゃないかと思ったり。これでドラ焼き10個は買えるだなんて、無邪気じゃあありませんか~。

【関連リンク】
藤子不二雄ファンはここにいる/koikesanの日記 - 「このかぜうつします」「温泉旅行」放送
「このかぜうつします」と「温泉旅行」感想メモ-パンポロリン!
LIL's commonplace days:わさドラ1/20『このかぜうつします』『温泉旅行』
壊れかけのあきラジオ 脳が溶ける速度でドラえもん
【タグ】 
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→ http://drstrawberrylove.blog21.fc2.com/tb.php/90-760b426a
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。