このブログについて Pixiv ブックマーク@Buzzurl MAIL
~~または私は如何にして遠慮するのを止めてネコ型ロボットを愛するようになったか~~
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【タグ】 
2006.01.31 Tue
ここ1~2週間の間、日本中の話題をかっさらい続けているlivedoorですが、
livedoorはlivedoorでも例の元社長や株や取引とは直接関係のない、ブログユーザーとして関心のある話題をば。
世の中の空気全然読めてません。ええ。


livedoorブログでは1月10日より、トラックバックスパム防止機能として、
トラックバック送信元の記事内に送信先へのリンクURLが含まれていない場合、そのトラバをはじく機能というものが導入されました。
(機能の有効・無効はユーザ側で選択可能のようです)

トラックバックスパム防止機能の導入につきまして

導入後はトラックバックする際の投稿内に、トラックバック先ブログのURLを含める必要があります。
この制限により無差別なトラックバックスパム送信を防ぎます。


この機能に関しては、導入以前より
「スパムトラバが減るから大歓迎」という賛成派と「気楽にトラバが送れなくなる」という反対派との間で、さまざまな所で意見が取り交わされていました。

この賛成派・反対派の意見の食い違いについて、管理人もいつも勉強させてもらっている「絵文録ことのは」さんがわかりやすいまとめを書かれています。

全ブロガーさん必読です。ウチのブログはほっぽってもらっていいですから是非一度目を通してみてください。↓

トラックバックをめぐる4つの文化圏の文化衝突――「言及なしトラックバック」はなぜ問題になるのか [絵文録ことのは]2006/01/06


こちらでは「言及リンク文化圏」「関連仲間文化圏」「ごあいさつ文化圏」「spam文化圏」
といった4つの文化圏がブログ界には存在していて、
その文化圏の違いによってブロガー同士の衝突が起こっている、とされています。

読んでみて、自分はこの記事でいうところの「関連仲間文化圏」にピッタリ当てはまることがわかりました。
ええ、それはもうピッタリとw
毎度のことながら松永氏の分析力には頭が下がる思いです。


今回、ライブドアブログがこういった機能を導入したことをきっかけに、
私自身もトラックバックのやり方について少し見直すことにしました。

今後ウチからトラックバックを送る際には、
相手方の記事について文中で言及するか、もしくは【関連記事】という形で相手先へのリンクを貼るなど、何らかの形で送り先へのURLを指し示すことを習慣づけようと思います。

平たくいうと、今までは関連仲間文化圏スタイルをとっていましたが、今後ウチでは言及リンク文化圏スタイルをとっていくことにしますよ~、ということです。

これは、ブロガー同士のスタンスの違いによる余計なゴタゴタ=「ことのは」さんで言うところの「文化圏の衝突」を避けるためです。


ちなみに、ウチでトラックバックを受ける際にも
送り元に同じ条件を求めるという事ではありません。
つまり「ウチへトラバを送るときは、必ずウチへのリンクを記事内に張ってよね!そうでないトラバは削除!」とかそういうことを言うつもりはありませんので、その辺りはご安心いただければと。

(ただし、管理人の判断で、
・明らかに関連性の薄い記事からのトラバ
・記事内にリンクを貼っているサイト様からのお返しトラバ
などは削除する場合があります。
そこら辺はケースバイケースになりますので、ご了承いただきたい)


つまり今後私の目指すスタンスは「ガチガチの言及リンク文化圏」ではなくて、
「やや関連仲間文化圏寄りの言及リンク文化圏」

もっと言うなら
「ごあいさつ文化圏アンド関連仲間文化圏である相手方を許容するタイプの
言及リンク文化圏」

て事になりますでしょうか。(はー、無駄に長っ)


【その他の関連リンク】

リンクなしトラックバックが「アクセスを奪う」という表現についての補記 [絵文録ことのは]2006/01/08
上のリンクの補足記事。

【無料ブログ比較なら】まあ待て、ブログを借りる前にここを読め。-【ブログ入門】 コメントとトラックバックのルールとマナー
↑そもそもコメント&トラバの作法というものがよくわからない・・といった人のための初心者さん向け解説です。
【タグ】  ブログ  
管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURL
→ http://drstrawberrylove.blog21.fc2.com/tb.php/95-8273958f
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。